車の名義を旧オーナーから買取店に変えてもらう事が大切

車の名義を旧オーナーから買取店に変えてもらう事が大切

中古車店による買取り手続きでは、たまに名義変更に関するトラブルが発生しています。というのも中古車店が、お店の名義にしていない事があるのです。トラブル防止の為に、買取り手続きではまずお店の名義に必ず変更してもらう事が必要になります。

 

名義変更が中途半端になっている時に事故が発生するトラブル

 

どういう事かと申しますと、まず買取店Cで買われた車は旧オーナーのAさんから新オーナーのBさんに渡るはずですね。もちろんその際の名義は、AさんからBさんになる筈なのです。
ところがお店Cが、Aさんの名義変更を速やかに行っていない事があります。つまりAさんの名義のまま車を利用していて、C店の従業員の方が事故を起こしてしまう事があるのですね。その際には、もちろん自動車事故の責任問題はAさんに帰属してしまいます。Aさんとしては全く関係ない自動車事故で責任を追及されてしまうので、大変困りますね。

 

旧オーナーの名義から必ずお店名義に変えてもらう

 

このためAさんから買った車は、必ずC店の名義に変更してもらう必要があります。それもできるだけ、速やかにそれを行ってもらう必要があるでしょう。そうでないとC店による交通事故が、Aさんに降りかかってしまうからです。
ですのでAさんがC店に車の売却をする時には、必ず契約書を発行してもらうべきですね。どのような契約書かと申しますと、「Aさんの車は数日以内にC店の名義に変更します」という内容です。それをしっかり行っておかないと、本当に交通事故で責任問題を追求されてしまう可能性があります。
もちろん大手のお店であれば、そのC店への名義変更はきちんと行ってくれるのですが、買取手続きがよく分かっていないお店では会社への名義変更を中途半端にしている事があるのです。トラブルを防止するためにも、上記の契約書の発行は必ず行っておくべきでしょう。